小児歯科

恐怖心を取り除く小児歯科診療

大人になっても歯科が苦手であったり、怖いという方は今尚多くおられます。

そういった方は、子供のときの歯医者のイメージに依存されてしまっている方が多いようです。

それが大人になって歯医者嫌いになってしまわれるようです。

子供にとって病院に通うことはエネルギーを使用することですし、そこで怖い経験をしてしまうと嫌がってしまうのは当然です。

せっかく頑張って通院してくれている子供達には、できるだけ恐怖心を感じさせず、ストレスを感じさせない治療を行ないます。

小児歯科

見て、触って安心治療

当院としては、治療をする前にお子様に使用する器具(麻酔以外)に触れてもらい、器具に対する恐怖心を取り除きます。

それだけでも、お子様の恐怖心は取り除かれます。

麻酔などを使用する際にも、針がお子様に見えないように配慮をしています。

見て、触って安心治療

お子様と保護者様、医師、スタッフとが協力して行います。

治療を行なうのは歯科医師の役目ですが、ご家庭では保護者の方に毎日お子様のお口の中を見ていただくことがとても重要です。

保護者の方も同伴していただき、家でのブラッシング方法や、チェック方法などを覚えていただければと思います。

大人の歯とは違い完成されていない歯のため、どうしても虫歯になりやすくなります。生え変わりの時期などは特に注意していただければと思います。

一番の虫歯予防はご家庭でのチェックと定期的な検診に来ていただくことがお子様のためになります。

おうちの方へ

実際、治療を受けるお子様の心の準備ができていない状態で、治療を無理にすると歯科治療に対する恐怖・不信感につながり、虫歯などの症状が軽度なときに来院できず、結果的にお口の中が良い状態に保てないことが多々ありますので、注意が必要です。

お忙しい中、お子様を何度も来院させるのは大変ですが、お子様の治療は「慣れさせて、恐怖心を取り除き、信頼してもらう期間」が必要です。

また、大人の治療とは違い治療が予定通り進まないことや、本来やらなければいけない治療ができず、定期的なチェックで経過観察とさせていただくこともあります。

おうちの方へ
小さなお子様連れの方へ