口腔外科・インプラント

スムーズな処置で不安を解消します

口腔外科と聞いて皆様は何をイメージされますか?

なかなかイメージが沸きにくい科目でもあります。

口腔外科は難しい抜歯や口の中の腫瘍、炎症、骨折や顎関節症(がくかんせつしょう)を専門に扱う科目と言えば分かりやすいと思います。

皆様にとって一番身近な口腔外科治療は親知らずの抜歯です。

親知らずの抜歯は場合により処置が違い、歯ぐきを切ったり骨を削ったりする場合もあり、血液処置が必要となります。

その際に、口腔外科がある当院に来ていただければ、スムーズに処置をすることが可能となります。

口腔外科

当院のインプラント治療について

当院でインプラント治療を行う際、必ずCT撮影をさせていただきます。

CT撮影なしでのインプラント治療は行いません。

CT撮影のデータ及びお口の状態を型取りしたデータをパソコン上で重ね合わせます。

パソコン上でインプラントの設計(インプラントの長さ、太さ、方向、角度)を行います。

設計した状態をご確認いただきご理解いただければ注文に出します。

その結果マウスピースのようなもの(ガイド)が仕上がってきます。

※画像をクリックすると拡大します。

このガイドを用いてインプラント治療を行います。

ガイドとはパソコン上で設計した通りにお口の中にインプラントを埋め込む補助器具になります。

このガイドを使うことによってインプラントを深く入れすぎた、方向を間違えた等の重大な失敗を防ぐことができます。

以上のことより従来より安全に安心に治療を受けていただくことができるようになりました。

しかしながらインプラントはご希望される方すべてに適応であるとは限りません。

事前の診査診断は言うまでもなく重要です。 ご興味のある方は一度ご相談ください。

大学病院との連携

患者様の症状により、当院で難しい治療は、自治医科大学や獨協医科大学(より大きな設備がある医療機関)との連携をしておりますので、ご紹介させていただきます。

大学病院との連携